2007年05月

ここでは、2007年05月 に関する情報を紹介しています。



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






ツモリチサト キャリー」というブランド名で展開しているバッグ。
素材感、色、形など、どれも「ツモリチサト」ならではのこだわりが感じられて、根強い人気を誇るのもうなずけます。
一見少女らしいかわいらしさでいっぱい!という感じですが、上品でやわらかいイメージでの為か、ファン層は年齢によらず、幅広いのです。トータルコーディネイトのアクセント、スパイス的な役割を果たしてくれるアイテムです。
しかも、お値段もお手ごろ。ちょっと手のこんだ感じのリッチ感も考慮すれば、かなりお買い得感のあるバッグです。
一泊旅行に最適なプチボストンバッグは1万円台からあります!!
スポンサーサイト






コーチ(COACH)は、1941年にアメリカのニューヨークで生まれた比較的新しいブランドです。革素材を生かした製品作りが特徴となっています。品質の高さとこだわり、洗練されたデザインは、たちまちアメリカを代表する高級ブランドとして認められるようになり、日本での人気も上昇しています。
コーチ ショルダーバッグは若い世代の女性を中心に、とても人気のあるアイテムです。大きめサイズのものから、パーティーなどにぴったりの小さいものまでサイズが揃っています。内側にポケットやキーリング、携帯用のポケットがついているものもあり収納力に優れています。デザインの種類も豊富で、中でもシグニチャーライン(イニシャルのCの文字をあしらったデザイン)のショルダーバッグは特に人気のアイテムです。






クロエというブランドは1952年にエジプトの貴族であったGaby Aghion(ギャビーアギヨン)によってフランスのパリで誕生しました。クロエという名前の由来は、古代小説を元にして作られたバレエ音楽のタイトル『ダフニスとクロエ』から名付けられました。バレエの優雅なイメージがクロエのデザインにぴったりです。

設立当初のクロエは世間的にはあまり知られていない服飾ブランドでしたが、現在ではバッグや小物、香水までを販売するブランドまでに成長ました。そのクロエの中で最も女性が注目しているのは、なんといってもバッグでしょう。

代表的なクロエのバッグにクロエ パディントン、クロエ シルベラード、クロエベティなどがあります。

パディントンはクロエのバッグでは絶対に外せないシリーズです。クロエパディントンバッグには、上質の革が使用されています。正面についている大きな鍵がアクセントにもなっています。

クロエ シルベラードのバッグは丸い金具がアクセントで、ハンドル部分やサイドポケットの編みこみがウェスタン風にみせてくれます。

クロエ ベティはハンドバッグ、ショルダーバッグがあります。素材も天然キッドだけでなくエナメル素材もあり種類が豊富です。特徴があるジッパーヘッドにはバッグと同素材のヒモがついていたり、コインケースがついていたりと実用性にも優れています。

クロエのバッグは高価なのでなかなか手の出しにくい品物ではありますが、特別なときや自分へのご褒美などに1つは買っておきたいバッグです。









アナスイ(ANNA SUI)は主に日本を中心としたアジアで展開しているブランドです。アナスイはアメリカ・ニューヨークのデザイナーですがアナスイのバッグや財布は本国のアメリカではあまり知られていないのが現状です。
日本では特に香水が有名で、コスメのブランドとして人気がありますが財布やウェア・コスメ・バッグ・アクセサリー・時計・シューズ・ハンカチ・靴下・ストッキングなど雑貨からファッション全般の取り扱いがあり、特に10~20代の女性から注目を集めています。
アナスイのバッグは、紫系の色遣いを中心に艶のあるバラ・蝶のモチーフや妖艶な雰囲気の色遣いが特徴的です。斬新で個性的なおかつ高級感のあるデザインのものや、刺繍などが施された可愛らしいアイテムもあります。
日本国内においてアナスイの販売権は伊勢丹が提携しています。マルイでも販売されているようですが、他のデパードなどではアナスイのバッグはなかなかお目にかかれません。
出回っている量自体が希少なので価格はそれなりですが、尚も人気を集めているブランドです。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。